建物を所有する場合、税理士事務所ではと京都のその敷地となる土地がなければなりません。そのため、不動産を所有する場合、原則建物だけではなく土地も一緒に所有することになります。しかし、法律では土地を借りる権利がいくつか定められています。その中の一つに建物を所有する目的で土地を借りることができる借地権があります。そこで、この借地権を有していた人が亡くなった場合、相続財産に含まれるのかどうか気になるところでです。もし相続できないとなると、土地を使用する権利がなくなるので、建物も利用できなくなってしまうからです。

しかし、借地権も相続財産に含まれるので、そのような心配をする必要はありません。借地権も一種の財産として扱われるので、遺産の対象となるのです。そのため、親が借地権付きの建物を所有していた場合、相続人は当然に建物だけではなく借地権も相続できます。借地権を相続する際、地主への承諾も不要なので、スムーズに相続手続きをすることができるでしょう。