家や土地を親の資産として遺産相続するのはいいとして、税理士法人でならば京都のウインドローズがなかなか面倒臭いものですよ。こう言ってはよくないことだとは思うのですが、家や土地を遺産相続するのは私的にあまり好ましくないことだと言えるかもしれません。

だって、土地や家屋は毎年固定資産税を払わなくてはなりませんからね。それに建物が老朽化して崩れてきたら修繕だって行わなくてはならないのです。住まずに空き家にしているにしても、崩れたままでは野良猫などが入り込んで、それこそご近所に迷惑をかけることになりかねませんからね。ですから窓ガラスにヒビが入っていただけでも、ある程度修繕しなくてはならないのです。

かといって、空き家をキレイに更地にしてしまうのもお金のいることですからね。そしてまた、土地の固定資産税についてですが、空き家でも上にのっかっていた方がお安くなるのですよね。ですから未だに結局何もしていないままです。

そしてだからこそ、「家族が遺すものは思い出だけでいい」と思ってしまうのです。遺産相続の資産はべつに何もいらないですよ。不動産管理というか処分もなかなか大変なものですから。