マイホームを購入する際、大阪で相続手続きは高額なお金が必要になる上に、いろいろな税金が課税されます。そのため、親が亡くなって、その遺産である不動産を相続したときも、複数の税金を負担しなければならないと思っている人も多いのではないでしょうか。そのため、親の不動産を相続する際、負担することになる税金について把握しておきたいと考えている人も少なくありません。

親の不動産を相続した場合、まず登録免許税を負担しなければなりません。相続登記を行う際、必ず登録免許税を納めることになります。相続登記で納める登録免許税の額は、対象不動産の固定資産評価額に1000分の4を乗じた額です。そのため、評価額が1000万円であれば、4万円の登録免許税を納めなければならないことになります。それから、親の不動産を含めた遺産全体の金額が一定額以上になる場合、相続税を負担しなければならない場合もあります。ただ、不動産を取得したときに課税される不動産取得税を負担する必要はありません。